カテゴリ

カート

ロード中

映画流浪の月広瀬すず&松坂桃李W主演本屋大賞の人気小説を李相日監督で映画化

May 9, 2022
凪良ゆうの人気小説『流浪(るろう)の月』が実写映画化。広瀬すず&松坂桃李を主演に迎え、2022年5月13日(金)に公開される。人気小説『流浪の月』を映画化『流浪の月』場面カット|写真21凪良ゆうによる原作『流浪の月』は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた人気小説。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文(さえきふみ)の関係を描いた物語だ。15年後に再会した更紗と文の選んだ道とは?そして事件の契機となったそれぞれの秘密とは――?『悪人』『怒り』の李相日が監督『流浪の月』場面カット|写真2繊細に揺れ動く2人の思いが胸にせまる『流浪の月』の映画化を担当するのは、『悪人』『』で知られる監督・李相日(リ・サンイカルティエスーパーコピール)。また、『』『哭声/コクソン』などを手がけてきた撮影監督ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『フラガール』などで活躍する美術監督・種田陽平らが集結する。広瀬すず&松坂桃李のダブル主演『流浪の月』場面カット|写真6・家内更紗(かないさらさ)...広瀬すず

10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性。15年後に“加害者”とされた佐伯文と出会う。『』『』『』などで好演し、国民的女優としての地位を築き上げている広瀬すずが主演を務める。『流浪の月』場面カット|写真7・佐伯文(さえきふみ)...松坂桃李

少女誘拐事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生。広瀬すずと共にW主演を務めるのは、『』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、『新聞記者』で同最優秀主演男優賞を2年連続受賞するなど映画界で存在感を放つ松坂桃李。『流浪の月』場面カット|写真15・中ステラマッカートニースーパーコピー瀬亮...横浜流星

広瀬すず演じる家内更紗の婚約者。更紗を愛しながらも、彼女の過去を受け止め切れず自分を見失ってしまう。担当するのは、映画『』、連続ドラマ「あなたの番です」「着飾る恋には理由があって」などで活躍し、『』で主演も務める横浜流星。『流浪の月』場面カット|写真9・谷あゆみ...多部未華子

癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師。『流浪の月』場面カット|写真12・更紗の同僚でシングルマザーの安西...趣里『流浪の月』場面カット|写真13・更紗のバイト先の店長...三浦貴大

<< 資生堂パーラー銀座本店から芸者着想の東をどり限定パフェ新橋色アイスクリームソーダも

>> 映画HiGH&LOWTHEWORSTX鬼邪高全日制&鳳仙四天王が再集結頂上決戦を描く