カテゴリ

カート

ロード中

ホラー映画XエックスA24最新作舞台は史上最高齢の殺人夫婦が棲む家

May 14, 2022
A24最新作、ホラー映画『X エックス』が、2022年7月8日(金)に全国ロードショー。A24最新ホラー映画には史上最高齢の“殺人夫婦”が登場『X エックス』場面カット|写真1ホラー映画『X エックス』は、『』『』を世に送り出してきた気鋭スタジオA24が手がける最新作。舞台となるのは、1979年、テキサス。3組のカップルが映画の撮影に訪れたのは、史上最高齢の殺人鬼夫婦が棲む家だった―。タイトルにある「X」は、“最も危険な頭文字(イニシャル)”とされており、秘密のX、極限のXTREME、快感のXTC、未知なるX FACTORなど、このワードに隠された秘密も気になるところだ。〈映画『X エックス』ストーリー〉『X エックス』場面カット|写真71979年、テキサス。⼥優のーンとそのマネージャーで敏腕プロデューサーのウェイン、ブロンド⼥優のボビー・リンとベトナム帰還兵で俳優のジャクソン、そして⾃主映画監督の学⽣RJと、その彼⼥で録⾳担当の学⽣ロレインの3組のカップルは、映画撮影のために借りた⽥舎の農場へ向かう。彼らが撮影する映画のタイトルは「農場の娘たち」。この映画でドル箱を狙う――。6⼈の野⼼はむきだしだ。

そんな彼らを農場で待ち受けたのは、みすぼらしい⽼⼈のハワードだった。彼らを宿泊場所として提供した納屋へ案内する。⼀⽅、マキシーンは、⺟屋の窓ガラスからこちらを⾒つめるハクリスチャンルブタンスーパーコピーワードの妻である⽼婆パールと⽬があってしまう……。そう、3組のカップルが踏み⼊れたのは、史上最⾼齢の殺⼈夫婦が棲む家だった――主演は『サスペリア』のミア・ゴス『X エックス』場面カット|写真3■主人公マキシーン:ミア・ゴス

「農場の娘」で主役を務める女性。テキサス出⾝のストリッパー兼⼥優で、リンダ・カーターに憧れている。(リンダ・カーターは、1979年当時、テレビドラマ「ワンダーウーマン」で主演を演じ、絶⼤な⼈気カルティエネックレスコピーを博していた。)⾃分がスーパースターになれると信じている。主演は『』でブレイクしたミア・ゴス。

■ウェイン:マーティン・ヘンダーソン

「農場の娘」の敏腕プロデューサー。マキシーンの「XFACTOR」=未知なる才能に惚れ込み、彼⼥のために奔⾛する。Netflix オリジナル「ヴァージンリバー」シリーズのマーティン・ヘンダーソンが担当。

■RJ:オーウェン・キャンベル

ジャン=リュック・ゴダールを研究している新鋭監督。70年代当時の⾃由奔放な時代の雰囲気とともに、作家主義的な⾊合いを⾃分の映画に盛り込みたがる。

■ロレイン:ジェナ・オルテガ

RJの彼⼥。録⾳スタッフとして撮影に参加すし、今回の映画制作で⾃分の存在価値を試されることになる。『スクリーム』シリーズ最新作『SCREAM』で主演の1人を演じたジェナ・オルテガが務める。

■ボビー・リン:ブリタニー・スノウ、ジャクソン:メスカディ

ポリアモリスト(複数恋愛主義者)のカップル。70年代に流⾏したフリーセックスや、ポルノ映画の撮影のことを熟知している。『』シリーズのブリタニー・スノウと、ミュージシャンとして人気を誇り、俳優としても活躍しているメスカディ(キッド・カディ)が演じる。監督・脚本はタイ・ウェスト『X エックス』場面カット|写真2監督・脚本は『キャビン・フィーバー2』、『サクラメント 死の楽園』などを監督し、ホラー映画界のカリスマ イーライ・ロスとの協業も多いタイ・ウェスト。タイ・ウェストは、映画『X エックス』について「ホラー映画を愛する皆に気に入ってもらえるような、挑発的で新鮮なホラーが完成しました。」とコメントを寄せている。A24映画として初のシリーズ化も『X エックス』場面カット|写真5映画『X エックス』は、全米で公開されると、全米で公開されると、ホラー界の重鎮スティーヴン・キングや、『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライトが熱い支持を表明。アメリカのレビューサイト「Rotten Tomatoes」では96%フレッシュを達成し「今年最高評価のホラー映画」と評価され、有力映画サイトでも、「狂ったように面白い!」「恐怖のアトラクションのような映画」「血まみれでメチャクチャ楽しい映画」などの絶賛評で迎えられている。

また、映画『X エックス』の3部作シリーズ化も発表。パート2は前日譚となる予定で、A24映画としては初のシリーズ化作品となる。【詳細】
映画『X エックス』
公開時期:2022年7月8日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:タイ・ウェスト
出演:ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、ブリタニー・スノウ、スコット・メスカディ(キッド・カディ)、マーティン・ヘンダーソン、オーウェン・キャンベル、ステファン・ウレ
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:X
R15+|2022 年|アメリカ映画|上映時間:105分 ©2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

<< リヤドロ新作ポーセリンアートつぶらな瞳の小鳥モチーフ左右異なる装飾で二面性を表現

>> ホテル雅叙園東京浴衣プラン着付け&アフタヌーンティーがセットに浴衣の持ち帰りもOK