カテゴリ

カート

ロード中

GVGV202223年秋冬コレクションフェミニンとマスキュリンを交差させて

May 15, 2022
(ジーヴィージーヴィー)202セリーヌ財布コピー2-23年秋冬コレクションが発表された。“フェミニンとマスキュリンが交差”する世界観G.V.G.V. 2022-23年秋冬コレクション - “フェミニンとマスキュリン”を交差させて|写真14“フェミニンとマスキュリンの同居する世界観”をブランドコンセプトに掲げ、ミニマルとエッジーの調和が取れたスタイルを提案するG.V.G.V.。今シーズンもそのDNAを引き継ぎ、メンズライクなパターンやカッティングに女性らしいディテールをプラスしたコーディネートを発表した。メンズライクなテーラードスタイルG.V.G.V. 2022-23年秋冬コレクション - “フェミニンとマスキュリン”を交差させて|写真20たとえば、ハリ感のあるツイードジャケットは男性仕様である“右前”の仕立てに。パンツや革靴を合わせ全体をメンズライクにまとめる一方で、チュール素材のアームカバーを袖口からのぞかせ、フェミニンさを引き出しているのが印象的だ。ヴィンテージ風ドレスを“引き算”してG.V.G.V. 2022-23年秋冬コレクション - “フェミニンとマスキュリン”を交差させて|写真6“1枚で主役級”の40年代のヨーロッパヴィンテージを彷彿とさせるダスティピンクのロングドレスは、デニムジャケットや(HARUTA)とコラボレーションしたタッセル付きローファーを合わせてカジュアルダウン。中には鮮やかなブルーのインナーをレイヤードし、ロマンティックなムードを絶妙なバランスで引き締めている。アウターの着こフェンディスーパーコピーなしを新提案G.V.G.V. 2022-23年秋冬コレクション - “フェミニンとマスキュリン”を交差させて|写真8また今季は、アウターを“アウター以外の用途で”着用したルックも散見された。ベルトを結んでワンピース風に着こなしたリップストップ生地のトレンチコートがその好例。上にはドローコードを使用したレースアップMA-1を羽織り、アウター×アウターの新鮮なスタイリングを楽しんでいる。鮮やかなブルー&レッドのアクセントG.V.G.V. 2022-23年秋冬コレクション - “フェミニンとマスキュリン”を交差させて|写真15カラーパレットは、グレーやベージュなどシックなカラーをベースに、鮮烈なレッドやブルーを差し色としてチョイス。大胆カラーのアクセントによって、重厚感漂うムードに大人の女性の“遊び”をプラスした。

<< クリオロのレモンスイーツハート型レアチーズケーキ&レモンタルトなど

>> 2023年公開予定のミステリー&サスペンス映画どんでん返しがすごい話題の邦画と洋画