カテゴリ

カート

ロード中

特別展化石ハンター展国立科学博物館でゴビ砂漠など発掘の旅を辿る恐竜&大型獣の標本など

May 19, 2022
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」が、東京・上野の国立科学博物館にて2022年7月16日(土)から10月10日(月・祝)まで開催される。化石ハンターたちの探検を辿る〈チベットケサイ 生体復元モデル〉〈チベットケサイ 生体復元モデロレックス時計コピール〉特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂ルイヴィトンブレスレットコピー漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」は、化石ハンターとして世界的に有名なロイ・チャップマン・アンドリュースや、彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検を紹介する展覧会。世界的な化石ハンター、ロイ・チャップマン・アンドリュースロイ・チャップマン・アンドリュースは、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠への探検を開始。アンドリュースが発掘した、恐竜や哺乳類の貴重な化石の数々は古生物学上の大発見とされ、その功績は後世の化石ハンターたちに多大な影響を与えてきた。〈アンドリューサルクス 頭骨〉 国立科学博物館蔵〈アンドリューサルクス 頭骨〉
国立科学博物館蔵会場では、アンドリュースがゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類の研究成果を、標本や映像とともに紹介。恐竜の卵化石や、史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの複製標本の展示を通して、アンドリュースの探検を辿っていく。大型獣「チベットサケイ」全身骨格復元標本を世界初公開〈チベットケサイ 全身骨格復元標本〉〈チベットケサイ 全身骨格復元標本〉また、世界初公開となる大型獣「チベットケサイ」の全身骨格復元標本や生体復元モデルの展示にも注目。「チベットケサイ」の全身骨格復元標本は、アンドリュースから大きな影響を受けた古生物学者たちの研究により明らかになった、「アウト・オブ・チベット」説を導き出す証拠となった貴重な資料だ。「アウト・オブ・チベット」説は、氷河時代における哺乳類の進化に関する説。「アウト・オブ・チベット」説では、「チベットケサイ」をはじめ、「チベットユキヒョウ」、「プロトオービス」などの哺乳類が、北極圏よりも先に寒冷環境となったチベット高原で寒冷気候に適応してから各地に放散したとされている。

【詳細】
ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」
会期:2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
※会期等は変更になる場合あり。
会場:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
開館時間:9:00~17:00 ※入場は閉館時刻の30分前まで
休館日:9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)
入場料:一般・大学生 2,000円、小中高生 600円
※入場方法等の詳細は決定次第、公式サイト等にて告知。
※諸事情により、開館時間や休館日等は変更となる場合あり。最新情報は公式サイト等で確認。

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)〈チベットケサイ 全身骨格復元標本〉

<< 音楽×花火1万4千発の花火ショー東京競馬場でザ・ローリング・ストーンズ楽曲と花火がシンクロ

>> Madeinピエール・エルメ福井県名産quot黄金の梅quotマカロンやさつまいもガトーバスク