カテゴリ

カート

ロード中

大阪梅田うめきた2期地区再開発高級ホテルや商業施設を都市公園が繋ぐ新駅開業も

May 20, 2022
大規模再開発「うめきた2期地区開発プロジェクト」により、JR大阪駅周辺、「グランフロント大阪」「ルクア大阪(LUCUA osaka)」などの位置する大阪北区梅田周辺が生まれ変わる。2024年夏頃を目途に街びらきが始まり、2027年に全体開業を予定している。大阪梅田「うめきた2期地区」再開発 - 高級ホテルや商業施設を都市公園が繋ぐ、新駅開業も|写真2大阪・梅田が“みどり”に包まれた新たな街へと生まれ変わる大阪梅田「うめきた2期地区」再開発 - 高級ホテルや商業施設を都市公園が繋ぐ、新駅開業も|写真25「うめきた2期地区開発プロジェクト」とは?「うめきた2期地区開発プロジェクト」は、大阪駅前の貨物ヤード跡地にて進められている大規模複合開発。2013年に開業をシャネルサングラスコピー迎えたグランフロント大阪を皮切りに「うめきたプロジェクト」がスタートし、その第2段階の開発プロジェクトとして、商業施設、ホテル、オフィス、都市公園などを設け、2024年夏の先行まちびらきを目指して進められている。JR大阪駅をはじめとした7駅13路線が利用可能な立地「うめきた2期地区開発プロジェクト」の計画地からは、JR大阪駅をはじめとした7駅13路線が利用可能。2023年春には関西圏の主要鉄道を結ぶターミナル駅となる“新生”大阪駅となり、関西空港や大阪国際空港、新大阪駅へもアクセスしやすくなる。ホテルや商業施設を完備する3つの高層ビル大阪梅田「うめきた2期地区」再開発 - 高級ホテルや商業施設を都市公園が繋ぐ、新駅開業も|写真33日本国内のみならず世界からのアクセスも向上する「うめきた2期地区開発プロジェクト」は、「“みどり”と“イノベーション”の融合拠点」という方針のもと進められる。プロジェクト内では、南街区と北街区の2つに大きく分けられ、それぞれに商業、ホテル、オフィスなどを設ける。<南街区・西棟>ヒルトン最高級ホテルや“みどり”と融合する商業施設南街区は、西棟と東棟の2つのビルが立ち並び、整備される新駅と相まって“世界の交流拠点”となるような空間に。両棟ともに、多くの人が楽しめるレストランやショップを設けるほか、近隣の人々やオフィスワーカーが集えるような交流の場も創出する。南街区賃貸棟低層部南街区賃貸棟低層部そのうち、西棟にはヒルトンの最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」、“みどり”と融合する商業施設、総貸室面積約90,000㎡の大規模オフィス、国際集客や会議室を包括するMICEを整備する。憧れのラグジュアリー体験ができるホテル「ウォルドーフ・アストリア」ウォルドーフ・アストリア大阪「外観」(完成予想イメージ)※今後変更となる可能性ありウォルドーフ・アストリア大阪「外観」(完成予想イメージ)
※今後変更となる可能性あり南街区の賃貸棟・西棟の2階および28階~38階に位置する「ウォルドーフ・アストリア大阪」では、50平米を中心とする252室の客室を完備。ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラグジュアリーなラウンジ バー「ピーコック・アレー」をはじめ、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室などが備ディオール靴コピーえられる予定だ。<南街区・東棟>温浴ゾーンを備えた都市型スパが誕生一方、東棟には、通常のビジネスホテルとは一線を画したグレード感をもつ、阪急阪神ホテルズによるアップスケールホテル、中規模オフィス、レジャーからウェルネスまでを対象とした都市型スパ、商業施設を備える。南街区賃貸棟低層部ウォルドーフ・アストリア大阪「外観」(完成予想イメージ)※今後変更となる可能性あり

<< 音楽フェスフジロックフェスティバル3922新潟でジャック・ホワイトやホールジー

>> BAの2022年秋コスメブランド初のクッションファンデ&バラ色リップ美容液など