カテゴリ

カート

ロード中

映画サバカンSABAKAN草彅剛ら出演少年たちと家族の愛の物語80年代長崎が舞台

May 23, 2022
映画『サバカン SABAKAN』が、2022年8月19日(金)に全国ロードショー。少年たちと家族を描く“愛の物語”『サバカン SABAKAN』場面カット|写真1映画『サバカン SABAKAN』フェンディ財布コピーは、『』や『』などの製作を手掛けてきたプロダクションCULENによる最新作。1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険にでることになった二人の少年の友情、それぞれの家族との愛情の日々を描く。人々の温かさと優しさを映し出した、ひと夏のみずみずしい物語だ。ドラマ「半沢直樹」脚本の金沢知樹が映画監督デビューメガホンを取るのは、ドラマ「半沢直樹」など主にテレビ・舞台の脚本・演出を手掛けてきた俊英で、『サバカン SABAKAN』で映画監督デビューを飾る金沢知樹。『サバカン SABAKAN』は萩森淳との共同脚本による完全オリジナル作品となっており、金沢は「撮影の舞台は僕の出身でもある、長崎県の長与町という田舎町です。物語は創作でありながら、自分の幼い頃の体験や、登場人物にもほぼモデルがいます」と自身の体験に基づく物語であることも明かしている。〈映画『サバカン SABAKAN』あらすじ〉『サバカン SABAKAN』場面カット|写真21986年の長崎。夫婦喧嘩は多いが愛情深い両親と弟と暮らす久田は、斉藤由貴とキン消しが大好きな小学5年生。そんな久田は、家が貧しくクラスメートから避けられている竹本と、ひょんなこディオールスーパーコピーとから“イルカを見るため”にブーメラン島を目指すことに。海で溺れかけ、ヤンキーに絡まれ、散々な目に合うが、この冒険をきっかけに二人の友情が深まる中、別れを予感させる悲しい事件が起こってしまう…。子役が主人公、草彅剛らも出演『サバカン SABAKAN』場面カット|写真3主演は、NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演し、『サバカン SABAKAN』で映画デビューを果たす子役・番家一路(ばんかいちろ)。子役の原田琥之佑に加え、『ミッドナイトスワン』の草彅剛、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほりら実力派俳優が集結した。『サバカン SABAKAN』場面カット|写真12主人公・久田(番家一路)…両親・弟とともに長崎に暮らす小学5年生。斉藤由貴とキン消しが大好き。

竹本(原田琥之佑)…久田の友達。家が貧しくクラスメートから避けられている。『サバカン SABAKAN』場面カット|写真6久田の母(尾野真千子)『サバカン SABAKAN』場面カット|写真7久田の父(竹原ピストル)

<< ヴェルサーチェ202223年秋冬コレクション凛とした反骨心を漂わせて

>> サムシングブルーアフタヌーンティーが兵庫・芦屋で幸せを呼ぶquot青色quotハート型ケーキなど