カテゴリ

カート

ロード中

企画展阿弥陀如来─浄土への憧れ─根津美術館で仏画を中心に阿弥陀信仰の歴史と展開を紹介

May 24, 2022
企画展「阿弥陀如来 ─浄土への憧れ─」が、東京の根津美術館にて、2022年5月28日(土)から7月3日(日)まで開催される。阿弥陀如来の華麗な美術世界《阿弥陀三尊来迎図》日本・鎌倉時代 14世紀 根津美術館蔵《阿弥陀三尊来迎図》日本・鎌倉時代 14世紀 根津美術館蔵企画展「阿弥陀如来 ─浄土への憧れ─」は、根津美術館が所蔵する仏画を中心に、日本における阿弥陀信仰の歴史と展開を紹介する展覧会だ。重要文化財《善光寺縁起絵》(中幅) 日本・鎌倉時代 13~14世紀 根津美術館蔵重要文化財《善光寺縁起絵》(中幅) 日本・鎌倉時代 13~14世紀 根津美術館蔵人びとに広く知られているほとけ・阿弥陀如来は、日本ではすでに飛鳥時代から信仰されており、平安時代に密教が伝わったのちにも崇敬の対象であった。そして、平安時代後期に浄土信仰が盛んになると、極楽浄土へと導く救いのほとフェンディベルトコピーけとして国中で崇められた。日本の仏教の展開とともに多様な様相を示した阿弥陀如来は、仏教美術の柱のひとつとして、数多くの仏画や仏像としてもあらわされている。《当麻曼荼羅》(部分) 日本・南北朝時代 14世紀 根津美術館蔵《当麻曼荼羅》(部分) 日本・南北朝時代 14世紀 根津美術館蔵根津美術館のコレクションの礎を築いた初代 根津嘉一郎は、数多くの仏教美術の作品を蒐集した。そのコレクションのなかでも、阿弥陀如来にまつわる収蔵品は豊富であり、重要文化財や重要美術品に指定されている優品も存在する。重要文化財《阿弥陀如来像》朝鮮・高麗時代 1306年(大徳10・忠烈王32) 根津美術館蔵重要文化財《阿弥陀如来像》朝鮮・高麗時代 1306年(大徳10・忠烈王32) 根津美術館蔵本展では、《阿弥陀三尊来迎図》をはじめ、奈良・当麻寺に伝わるの転写本である《当麻曼荼羅》、信濃国善光寺への信仰の広がりを背景に描かれた《善光寺縁起絵》(重要文化財)などに加えて、《阿弥陀如来像》(重要文化財)といった高麗における作例も展示し、阿弥陀如来にかかわる仏教美術の華麗な世界を紹介する。展覧会概要企画展「阿弥陀如来 ─浄土への憧れ─」
会期:2022年5月28日(土)〜7月3日(日)
会場:根津美術館 展示室1・2
住所:東京都港区南青山6-5-1
休館日:月曜日
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
入館料:一般 1,300円、学生 1,100円、中学生以下 無料
※オンラインでの日時指定予約制(5月24日(火)より美術館ホームページにて受付開始予定)
※障害者手帳提示者および同伴者は200円引き
※オンライン日時指定予約の定員に空きがある場合のみ、当日券(一般1,400円)を美術館受付にて販売

■日時指定予約制
・来館希望時間帯の2時間前までに根津美術館ホームページ上にて日時指定券を購入(クレジットカード決済のみ)
・根津倶楽部会員、招待はがきを所持していて入館無料の場合も予約が必要

【問い合わせ先】
根津美術館
TEL:03-3400-2536 (代表)

<< ベーカリーカフェハーバーブレッドカフェ神戸に地元食材を使った本格料理や30種類以上のパン

>> ペルー映画アンデスふたりぼっちオスカル・カタコラの監督初長編アンデス山脈に暮らす老夫婦の物語