カテゴリ

カート

ロード中

いわさきちひろ展三重県立美術館で若き日に油彩を学んだ画家・中谷泰との交流に着目して画業を紹介

May 27, 2022
三重県立美術館では、企画展「開館40周年記念 いわさきちひろ展─中谷泰を師として」を、2022年7月16日(土)から8月28日(日)まで開催する。いわさきちひろと中谷泰の関係に着目した展覧会いわさきちひろ《赤い帽子の男の子》1971年 ちひろ美術館蔵いわさきちひろ《赤い帽子の男の子》1971年 ちひろ美術館蔵にじんだ色彩で子どもたちや花々を描き、明るく、甘く、柔らかな絵画世界を展開したいわさきちひろ。絵本画家として才能を開花させ、後半期には絵本の世界に新境地をもたらしたが、それ以前のいわば模索期にあたる1940年代前半、ちひろは三重県松阪市出身の画家・中谷泰(なかたに たい)に出会い、その作品に感化されて油彩画の指導を受けていた。いわさきちひろ《ひまわりとあかちゃん》1971年 ちひろ美術館蔵いわさきちひろ《ひまわりとあかちゃん》1971年 ちひろ美術館蔵戦争により中谷泰といわさきちひろの芸術活動は中断を余儀なくされ、師弟関係はわずか1、2年ほどの期間ではあったものの、ふたりの交流は生涯を通じて続いた。戦後、中谷は洋画家ティファニーブレスレットコピーとして、ちひろは童画家として活躍の場を広げてゆくこととなるが、愛すべきものに向けるまなざしの優しさは、ジャンルこそ異なれど、ふたりが手がけたどの作品にも感じることができる。いわさきちひろ《おつむてんてん》1971年 ちひろ美術館蔵いわさきちひろ《おつむてんてん》1971年 ちひろ美術館蔵企画展「開館40周年記念 いわさきちひろ展─中谷泰を師として」は、これまであまり知られてこなかった、いわさきちひろと中谷泰の交流に着目した展覧会。ちひろの絵本原画や油彩画、素描など約110点に加えて、中谷による油彩画や素描など約40点、関連資料約20点を展示し、中谷泰との関わりという視点から新しいいわさきちひろ像に光をあててゆく。展覧会概要企画展「開館40周年記念 いわさきちひろ展─中谷泰を師として」
会期:2022年7月16日(土)〜8月28日(日)
会場:三重県立美術館
住所:三重県津市大谷町11
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(7月18日(月・祝)は開館)、7月19日(火)
観覧料:一般 1,000円(800円)、学生 800円(600円)、高校生以下 無料
※( )内は前売および20名以上の団体割引料金
※この料金で、2階常設展示室「美術館のコレクション」、柳原義達記念館も観覧可
※生徒、学生は生徒手帳、学生証などを提示
※障害者手帳など(アプリ含む)の所持者および付添者1名は観覧無料
※毎月第3日曜日の「家庭の日」(7月17日、8月21日)は団体割引料金で観覧可
※前売券は、チケットぴあ、セブン-イレブンほかにて販売

【問い合わせ先】
三重県立美術館
TEL:059-227-2100 (代表)

<< アレキサンダー・マックイーン新作ハンドバッグボウバッグや限定ドレス伊勢丹新宿店に集結

>> グッドニュース那須高原の新おでかけスポット那須土産バターのいとこのカフェ&製造工場