カテゴリ

カート

ロード中

ディオールフォール2022ウィメンズコレクション新たな解釈を導く歴史と現代性の対話

May 29, 2022
(DIOR)は、フォール 2022 ウィメンズ コレクションブランドスマホケースコピーを、韓国・ソウルの梨花女子大学校にて発表。ディオールが韓国でショーを開催するのは今回が初。歴史と現代の対話 - “交流、共有”をテーマにディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真1コレクション発表の舞台である梨花女子大学校は、かつての価値観では女性には不可能とされてきたことが、可能であることを世界に示すという使命と夢を掲げる、世界最大級の女性教育機関。若者たちの未来に向けて、連帯しエンパワーメントする梨花女子大学校の姿勢と、サヴォワールフェールを継承しつつ、ファッションの可能性を切り拓き、提唱し続けてきたディオールの共鳴によってフォール 2022 ウィメンズ コレクションのショー開催が実現した。ディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真51アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・ キウリは、ディオールの歴史と、日々刻々と変化を続ける現代世界との対話をコレクションに投影し続けてきた。今季は“関わり合い、交流、共有”といったコンセプトのもとで、アイコニックな「バー」ジャケットをはじめとする、ディオールの象徴的なアイテムを再解釈。築き上げてきた歴史へのリスペクトを絶え間なく表しつつ、現代性と調和させた新たなスタイルを提示している。多彩な表現手法から“コード”を再解釈するディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真27目を引いたのは、ホワイトのブラウスやブラックのタイを用いたユニフォームライクなスタイルだ。「バー」ジャケットやメンズのロングコート、ミニ丈のスカート、アクティブなバイカーショートパンツなど、様々なアイテムを組み合わせながら、過去から現在に至るまで一貫しているディオールの“コード”“スタンス”を象徴するかのようだ。ディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真13チェックのロングスカートとニットベストを合わせたトラッドなコーディネートが登場したかと思えば、アノラックパーカやジャンパースカート、サファリジャケットなどを組み合わせたワークテイストのルック、そしてハトメを並べたミニワンピースやカットアウトのレザースカートを合わせたパンキッシュなルックなども展開。多彩な表現方法を織り交ぜるようにして、1つのコードやスタイルを再解釈し、また新たに構築しているのが印象的だ。バラや星座、「カナージュ」などアイコニックなモチーフディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真48また、ディオールを象徴するモチーフが、フレッシュな形で随所に散りばめられているのもポイント。ムッシュ ディオールがこよなく愛したバラの花を深みのあるブルーで表現したワンピースやブルゾン、ファンタジックな星座モチーフを落とし込んだきらびやかなドレスやスカートなどが展開された。加えて、アイコニックなキルティング「カナージュ」は、鮮やかなライラックや艶やかなブラックの中綿ジャケットにあしらわれ、アクティブさを帯びて登場した。「ジュノン」ドレスのエレガントな分量感をまとってディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真81さらに、ディオールの「ジュノン」ドレスを彷彿させる、分量感のあるシルエットにも注目したい。カジュアルなピースにも用いられていたイエローのチェック地や、レオパードプリント、ブルーローズのテキスタイルをたっぷりと使い、空気を含むようにして立体的に仕立てたドレスやスカートが、エレガントな余韻を残していく。ディオール フォール 2022 ウィメンズ コレクション - 新たな解釈を導く、歴史と現代性の対話|写真88リュクスなギャザーを効かせつつアシンメトリーに仕上げたチェック柄ドレスには、あえて無骨なブーツを合わせることで、アヴァンギャルドな雰囲気や、芯の強さを思わせるルックに仕上げた。

<< 映画LAコールドケースジョニー・デップ×フォレスト・ウィテカーが未解決の暗殺事件に迫る

>> 人気ブランドレディースバッグおしゃれな革製カジュアルバッグ&使いやすい通勤トートなど