カテゴリ

カート

ロード中

映画PLAN75倍賞千恵子主演75歳から自らの生死を選択できる制度その是非を描く

May 30, 2022
映画『PLAN 75』が、2022年6月17日(金)よりロードショー。主演は倍賞千恵子、脚本・監督は早川千絵が務める。75歳から“生死を選択できる制度”と翻弄される人々を描く『PLAN 75』場面カット|写真1映画『PLAN 75』は、是枝裕和が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『』の一篇『PLAN75』を新たに構築、キャストを一新した作品。早川千絵監督のオリジナル脚本による、自身初の長編映画となっている。

物語の舞台となるのは、超高齢化社会に対応すべく、75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン 75>が施行された日本。年齢による命の線引きというセンセーショナルなを打ち出しつつも、懸命に生きる人々の姿を、繊細かつ丁寧に描いた。カンヌ国際映画祭でカメラドール スペシャル・メンション(特別賞)に『PLAN 75』場面カット|写真2映画『PLAN 75』は、第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門へ正式出品。カメラドール スペシャル・メンション(特別賞)に輝いた。日本人監督作品が「ある視点」部門に出品されるのは、2017年の黒沢清監督『』以来5年ぶり、カメラドール スペシャル・メンション(特別賞)の授与は日本人監督初の快挙となる。

また、第75回カンヌ国際映画祭では、是枝裕和監督初の韓国映画『』が「コンペティション部門」に正式出品され「最優秀男優賞」など2冠を果たしているが、日本製作の映画は『PLAN 75』のみだ。『PLAN 75』場面カット|写真15© Kazuko WAKAYAMA監督を務めた早川千絵は、以下のようにコメント。
「すべての映画監督に最初に撮る一本目の映画があります。誰にとっても最初の一本目というのは思入れが深く、特別なものだと思うのですが、私にとっての特別で大切な一本目の映画をカンヌに呼んでいただき、評価してくださって本当にありがとうございます。『PLAN 75』という映画は今を生きる私たちに必要な映画であると言ってくれた方がいました。その言葉が心に深く響いています」主演は倍賞千恵子『PLAN 75』場面カット|写真3主人公・角谷ミチ...倍賞千恵子

夫と死別してひとりで暮らす78歳の女性。高齢を理由に清掃の仕事を解雇され、住む場所をも失いそうになり、<プラン 75>の申請を検討し始める。主演を務める倍賞千恵子は、脚本を読み「最初は“酷い話”だと思ったのですが、物語の終盤でミチがある選択をする姿が描かれており、そこにものすごく心打たれ、惹かれて…それだけで出演を即決しました」と振り返る。『PLAN 75』場面カット|写真7ヒロボッテガヴェネタ財布コピーム...磯村勇斗

市役所の<プラン 75>の申請窓口で働く職員。映画『ヤクザと家族 The Family』、『』、『』やドラマ「サ道」などに出演し、2022年の新人俳優賞を受賞した磯村勇斗が演じる。『PLAN 75』場面カット|写真6瑶子...河合優実

死を選んだお年寄りに“その日”が来る直前までサポートするコールセンタースタッフ。<プラン 75>に強い疑問を抱いていく。映画『』、『』で多くの新人賞を獲得している新鋭・河合優実が担当。『PLAN 75』場面カット|写真4マリア...ステファニー・アリアン

フィリピンから単身来日した介護職員。幼い娘の手術費用を稼ぐため、より高給な<プラン 75>関連施設に転職する。『メランコリック』のステファニー・アリアンが務める。『PLAN 75』場面カット|写真5出演者にはその他にも、『』やNHK 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」などに出演するたかお鷹、ドラマ「あなたの番です」の大方斐紗子、俳優・演出家として活躍する串田和美らが名を連ねる。

<< スターバックス海着想の夏グッズサンゴを描いたボトルやきらきらパール加工マグカップ

>> <全国人気夏イベント2022年>夏休み観光旅行&おでかけデートにおすすめ花火大会・グルメフェスなど