カテゴリ

カート

ロード中

石井勢津子の回顧展が北九州市立美術館でホログラフィ・アート芸術と科学の融合による空間を紹介

Jun 1, 2022
企画展「ホログラフィ・アートの先駆者(パイオニア) 石井勢津子」が、北九州市立美術館 本館にて、2022年7月16日(土)から9月4日(日)まで開催される。石井勢津子、過去最大規模の回顧展石井勢津子《アクエウスのつぶやき》1994年 撮影:ARTO VUOHELAINE石井勢津子《アクエウスのつぶやき》1994年 撮影:ARTO VUOHELAINEホログラフィは、裸眼で立体映像を見ることができる光学技術だ。1948年、ハンガリー出身のイギリス人物理学者デニス・ガボールによって発明され、1960年のレーザー発明による技術革新を経て、さまざまな記録・再生方法が編みだされ、映像領域に革命を起こした。芸術分野では、1960年代より注目されるようになり、「ホログラフィ・アート」という新しいジャンルが誕生することとなる。石井勢津子《Work N》1981年 撮影:仲佐猛石井勢津子《Work N》1981年 撮影:仲佐猛日本では、1970年代後半からホログラフィ・アートの本格的な展覧会が開催されるようになった。なかでも、1946年生まれの石井勢津子(いしい せつこ)は、ホログラフィ技術を用いて制作に取り組んた先駆的な存在であり、世界を代表するホログラフィ・アーティストとして評価されている。石井勢津子《飛翔》2006年 撮影:川上弘美石井勢津子《飛翔》2006年 撮影:川上弘美企画展「ホログラフィ・アートの先駆者(パイオニア) 石井勢津子」は、石井勢津子の過去最大規模となる回顧展。立体映像などによって芸術と科学の融合から生まれた幻想的な空間を展開し、ホログラフィ・アートの魅力を紹介する。展覧会概要企画展「ホログラフィ・アートの先駆者(パイオニア) 石井勢津子」
会期:2022年7月16日(土)~9月4日(日)
会場:北九州市立美術館 本館
住所:福岡県北九州市戸畑区西鞘ヶ谷町21-1
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館)
観覧料:一般 1,300円(1,100円)、高校・大学生 800円(600円)、小・中生学 600円(400円)
※( )内は前売および20名以上の団体料スーパーコピーN品
※障害者手帳の提示者は無料
※65歳以上の北九州市在住者は2割減免(公的機関発行の証明書などを提示)

【問い合わせ先】
北九州市立美術館 本館
TEL:093-882-7777

<< フジロックフェスティバル3922×ビームスのTシャツ山瀬まゆみら7組のアーティストとコラボ

>> 大岩雄典の個展十和田市現代美術館サテライト会場spaceで言葉遊びのような空間の操作